カラコロ磨き

今、キニナル情報や口コミで人気のコスメやスキンケアを中心にカラダもココロも磨かれるおすすめを紹介しています♪

敏感肌・トラブル肌でもOK! 天然ヒト型フリーセラミド ピュアスキン セラミドオイル

2014
06
敏感肌やアレルギーに悩んでいた開発者の想いから生まれたブランド、
Treat Treat(トリート・トリート) ピュアスキン セラミドオイルを使ってみました。

treattreat.jpg
 ピュアスキン セラミドオイル (クリア)
 15ml  4,860円(税込)


treattreat-1.png
Treat Treat(トリート・トリート)とは

Treat Treatは肌トラブルに悩む開発者の体験をもとに
「肌を傷める可能性のある余分なものを極力取り除くこと」を
出発点に生まれたブランドです。
純度が高いピュア原料や高品質な原料をセレクトし、
化粧品が原因で肌トラブルになった方、全成分にこだわりを持つ方に選ばれる「お守りコスメ」ブランドになることを目指されています。

treattreat-2.png


ピュアスキン セラミドオイルの特長


業界初!合成界面活性剤不使用×天然ヒト型フリーセラミド配合
通常の製造方法では、セラミドは界面活性剤が無いとほんの微量しか溶けないため、
界面活性剤に加えて石油由来の合成ポリマー等の添加物を多く必要としていて、
アレルギーリスクを増やす懸念がありました。
研究と努力の末、原料メーカーの新技術がついに成功! 

さらに合成界面活性剤不使用だけでなく、
合成界面活性剤入りの従来品を超える濃度のセラミド配合を実現!

ベースオイルには認証オーガニック原料を使用
(溶剤を使用しないコールドプレスの良質オイル)
treattreat-3.png

純度90%以上の規格品のセラミド原料だけを使用
天然のもろみから作られるため純度に変動はありますが、
セラミド含有量が平均95%程度もある、大変珍しい高純度セラミドです。
例えば一見同じような『天然セラミド使用』の美容液であっても、
原料の純度が3%のセラミドであった場合、同じ原料の配合量でもセラミド量に換算すると、
単純にピュアスキンシリーズのセラミド美容水では、セラミド濃度30倍以上ということになります。
なので『天然セラミド配合』という表示だけに惑わされず、
原料や品質、濃度をしっかりとチェックしなければダメ!いうことですね。
Treat Treatの製品には安価な原料で水増しをせず、本物の原料にこだわっています!


treattreat1.jpg


オイルのイメージの重さはなくて、サラッとした印象です。
ほんのりアロマのような香りで、
肌にのせて伸ばすとすぐに浸透してホカホカ温かく感じられました。
インナードライ気味だったのですが、数日夜のケアにオイルマッサージをしたら
翌朝の肌に違いを感じました。

P1010978-crop.jpg



使用方法は
朝晩の洗顔後、化粧水・美容水などの後によく振ってから1~4滴を手に取り、お顔全体に優しくなじませます。
普段から美容オイルで保湿されている方はいつもと同じように使って、
オイルケアが初めての方、他にクリームや乳液などで保湿をされる方は、
セラミドオイル美容液としてまずは一滴、目元など気になる部分にお試しを。

ご注意
油溶性の合成ポリマー等を含む化粧品の後に使うと浸透が悪くなるので、
その場合は化粧水の次にこのオイルを少量使用し、
最後にお手持ちのクリームなどで保湿される事をおススメします。
おすすめ
週末の肌断食に化粧水とオイルのみでご使用頂く事です。
また、日中はあまりオイルを使用したくない方は夜のスペシャルケア用として、
フェイスマッサージをしながらのご使用がおススメ。
(油やけはしませんので、もちろん日中のクリーム代わりの保湿にも使えます。)


P1010979-crop.jpg


季節の変わり目、肌が揺らぎやすい時期なので秋から冬のインナードライケアとして、
肌寒い日は湯船に浸かりながらマッサージ+蒸しタオルでホットパックにしたり
自由にアレンジ出来ることが美容オイルの魅力のひとつ!
ぜひスキンケアタイムに ピュアスキン セラミドオイルを一滴!!



敏感肌スキンケアTreatTreatトリートトリート<トリートトリート>業界初の無添加セラミドオイル

Treat Treatファンサイト参加中






関連記事

0 Comments

Add your comment