カラコロ磨き

今、キニナル情報や口コミで人気のコスメやスキンケアを中心にカラダもココロも磨かれるおすすめを紹介しています♪

秋冬美白は保湿がカギ! HAKU アクティブメラノリリーサー メラノフォーカス3D 資生堂

2016
18
暑い夏が終わり、ようやく秋の気配を感じられるようになりました。
今年は特に暑かった・・・そうとう肌も紫外線ダメージが蓄積されているのではないかなと、
けれど、なぜか夏が終わり秋冬には向かい始めると頑張っていた美白ケアがフェードアウトしていくような・・・
そこで、美白スキンケア市場No.1の 資生堂 HAKUより、秋冬美白におススメの
HAKU アクティブメラノリリーサー と、
HAKU メラノフォーカス3D を使ってみました。

haku-ammf.jpg


そもそも シミが出来る原因はおもに紫外線を浴びて起こるものと思っていました。

シミ肌特有の肌状態を研究し続け、常に最先端のシミ予防研究の成果を搭載し、
進化し続けるHAKUが、新たにシミ悪化の要因が紫外線だけでなく、乾燥にもあることを突き止めました。
乾燥によって過剰メラニン生成因子が多量に発生し、シミを悪化させる・・・(>_<) あぁ~恐ろしい

また秋冬は太陽傾斜度が低くなるので、夏に日傘や帽子などでカットしていた紫外線も
顔全体「360°紫外線」が発生するので、油断は大敵! えぇ~~なんてことぉ~どこからも紫外線なんて(>_<)


ではレポートしていきます。


P1050174(1).jpg





HAKU アクティブメラノリリーサー 美白化粧水の特長


P1050178(1).jpg


シミができる肌に着目し、
メラニンの生成を抑止。メラニンを含む角層にうるおいを与えて整え、
透明感あふれるつるつる肌に導きます。

資生堂の美白成分 「4MSK」

サリチル酸の誘導体で、4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称。

•メラニンを作りだすチロシナーゼを抑制
•シミ部位で生じている慢性的な角化プロセスの乱れ(=慢性角化エラー)に作用して、溜まったメラニンを排出
•シミ原因のメラニンを作らせない
•シミの部分で起きている肌の生まれ変わり異常に作用することで、溜まったメラニンを肌の生まれ変わりで自然に薄く。

「ソフニングリリーサー」配合。

「トリメチルグリシン」、「Lーセリン」、「濃グリセリン」を複合した成分名で、整肌・保護成分。
うるおいを与えてふきとることでメラニンを含んだ角層を除去します。

P1050177(1).jpg


衛生的なポンプ式で少しとろみのあるテクスチャーです。

P1050181(1).jpg


使い方としては、洗顔の後、コットンに3プッシュ(約2mL)をとり、軽く含ませて
くるくるとらせんを描きながら、軽くやさしいタッチで拭くようになじませて使います。

P1050180(1).jpg


これ、結構気持ち良いです。
とろみがあるのでベタつくと思いきや肌がなめらかになり、ツルツルになったようで
角質が取れていくような気がします。

P1050183(1).jpg


後はさっぱりとして、しっとり感が心地良いです。


次に美白美容液です。

P1050184(1).jpg




HAKU メラノフォーカス3D 美白美容液の特長

P1050189(1).jpg


資生堂が開発した2つの美白有効成分
「4MSK」と「m-トラネキサム酸」を配合。
m-トラネキサム酸に4MSKを組み合わせることで、肌への浸透力が高まり肌の奥まですばやく届ける

「アンダーシールダー」が、シミができる肌を整え、
2つの美白有効成分を肌の奥までしっかり届け、全方向から効かせます。

4MSK
メラニン色素の過剰生成を効果的に抑制。
m-トラネキサム酸
メラノサイトの活性化を効果的に抑える。
アンダーシールダー
(ホワイトリリー・塩酸グルコサミン、グリセリン(整肌、保護))
シミの発生を抑制。

P1050187(1).jpg


軽いクリームのような感触の美容液です。

P1050190(1).jpg


スルスル伸びて馴染んでいきます。
その後がサラッとしていて不思議な感触です。
肌が守られているようなヴェールをまとったような感じ・・・。

haku-ammf1.jpg


肌の感触がとても良く、保湿感が凄いです!

肌の乾燥と紫外線がシミの一因、私も当てはまることがあるのですが、
下記に思い当たるうっかり行動って してませんか?

「シミ・リバウンド」を促進してしまう「秋冬のうっかり行動TOP5」

第1位 洗濯物を干すときは、すっぴん(75.8%)

第2位 すぐに冷暖房をつける(68.9%)

第3位 秋は紫外線が弱まるから、5分程度の短い外出では日やけ止めは塗らない(68.7%)

第4位 秋冬は気持ちよいから、日やけ止めを塗らず窓際で過ごす(54.0%)

第5位 秋冬でもインナーには、トレンドのノースリーブなど露出の多い服を着る(53.7%)

私は堂々の第1位、よくやってました・・・(>_<) 
それに、どれも思い当たるところがあります。 こりゃダメだわ

歩いていて時折見かける、つばの広い帽子にロングウォーマーにサングラスに日傘
日焼け対策どんだけ~~~って思ってましたが、あれぐらい徹底しないといけないのかなって反省しています。


夏の強い紫外線やエアコンの影響で、今の季節の肌はダメージを受けた状態。
放置して老化の加速を止める為にも重要な保湿と美白ケア
今年からは、HAKUでケアして1年中潤った、美しいつるつる肌を目指します!


P1050194(1).jpg




また毎日確認する天気予報ですが、傘を持って出るか、着る服をどうするかだけではなく、
「シミ・リバウンド指数」を合わせてチェックすることで美白ケアへの意識を高めることも忘れずに!
9月15日(木)から、「tenki.jp」で全国142地点の「シミ・リバウンド指数」をご覧いただけます!
シミ リバウンド現象を避けるためにもぜひ活用したいです。
乾燥する秋冬こそ「シミ・リバウンド指数」をチェックして十分な美白ケアを行いたいと思います。



 資生堂様に商品をいただき、モニターに参加しています






beautynews_20140923164322ad2.png









関連記事